[ Content | Sidebar ]

おっぱいを大きくする方法~食べ物編~

December 1st, 2015

おっぱいを大きくしたいという人は多く、大きくする方法もさまざまなものがあります。エクササイズや下着、サプリメントや手術などが上げられます。


自力でおっぱいを大きくするためには、女性ホルモンが大切です。女性ホルモンが分泌されることでバストの細胞に届けられ、その細胞が発達して胸の土台が作られ、その周りの乳腺脂肪がつくことによって女性らしい胸になります。


しかし、女性ホルモンが少なかったりするとおっぱいは育たずにコンプレックスとなってしまうのです。成長期にこの働きによって大きくなることが一般的ですが、20代でも女性ホルモンを分泌させる生活を行なえば大きくすることも可能です。


方法のひとつとしては食べ物で補うことが上げられます。女性ホルモンを分泌させるのに有効な食べ物としては、女性ホルモンに似た働きのするイソフラボンが効果的で、乳腺組織に刺激を与えるためバストアップの効果を期待することができます。イソフラボンの含んだ食べ物としては、大豆製品やざくろ、葛やじゃがいも、ニンジン、ほうれん草などがあげられます。女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きのするものとしてはローヤルゼリーも効果的でホルモンのバランスを整える働きもあります。キャベツにはボロンという成分がありこれは女性ホルモンを分泌させます。また、おっぱいを大きくするためにはタンパク質も必要なため上質なタンパク質とビタミン類を含んでいる魚介類を中心に摂取することをおすすめします。

 

Superfood


方法はさまざまなものがありますが、どのような方法でバストアップを目指すとしても身体の内側からのケアは重要です。足りないと感じる栄養やおっぱいを大きくするために有効な成分をサプリメントで補うこともおすすめとなります。


ダイエットや不規則な生活は胸を育てるために重要な女性ホルモンが少なくなってしまいます。女性ホルモンを減らさないためにも規則正しい生活とバランスの取れた食事、睡眠をしっかり取ることが大切です。

参考サイト:プエラリアサプリの先生.com (http://xn--u9j9era7cxjd7jid5793fun5d.com/)

短期間でおっぱいを大きくした方法

November 30th, 2015

おっぱいを大きくする方法には、おっぱいをマッサージすることなどが考えられますが、短期間でおっぱいを大きくする方法ならサプリメントを摂取して大きくする方法もあります。


おっぱいを大きくするサプリメントには、大豆に含まれるイソフラボンの成分が配合されていることが殆どです。
豆乳にはイソフラボンが含まれており、豆乳を飲んでいる人は胸のハリが良いと言われてることもあります。しかし、豆乳は独特の味で毎日飲み続けることに抵抗を感じることも少なくありません。


おっぱいを短期間で大きくするサプリメントで、胸のハリや弾力を良くする大豆イソフラボンよりも数十倍の効果が期待できる植物性エストロゲンの成分が配合されているサプリメントがあります。


植物性エストロゲンの成分が抽出されるのは、タイ北部にあるマメ科の植物の根の部分で、女性ホルモンを活発化させる作用があります。この根には植物性のエストロゲンが存在し、女性の身体にも女性ホルモンであるエストロゲンが存在するのです。女性ホルモンは女性らしい丸みのある身体、ウエストがくびれ、胸は大きくなることに影響を与えています。女性は女性ホルモンが作用しているため、女性らしい体型を保つことが可能になるのです。


女性でも生活習慣の乱れ、加齢などにより体型は変化し、男性ホルモンが増えてくると胸まで小さくなってしまうのです。女性ホルモンが減少するのは加齢による影響も少なくなりませんが、実は生活習慣の乱れやストレスなどでも減少することが多いのです。


breastタイ北部の植物の根から抽出した成分は、気分が安定し、リラックスした気持ちになる効果もあり、過度のストレスなどから開放されることも期待でき、気持ちを安定させることで自律神経の乱れを整え、血流もよくし栄養が身体に行き渡るため胸の発育も良くなるのです。


おっぱいを短期間で大きくする方法は、植物性エストロゲンが配合されているサプリメントを摂取して、胸のマッサージなども行なうことで短期間で大きくすることが期待できます。

産後のおっぱいを大きくする方法

November 16th, 2015

出産直後は、身体が授乳モードになりおっぱいがはって大きくなったことを感じる人も多いと思います。

最初は少ししかおっぱいを飲めなかった赤ちゃんも、日に日に上手に飲めるようになります。

そして産後1年もすれば離乳食でも栄養をある程度摂取できるようになり、授乳回数が減る様になれば胸のサイズが以前よりも小さくなったような気がするかもしれません。

そんな時にはおっぱいを大きくする外的方法と内的方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

まずは外的方法で大きくする方法は、マッサージと大胸筋を鍛えることが挙げられます。

 

Sport woman is lifting weights

マッサージは最初に二の腕の脂肪を柔らかくし、胸へそれらを流し込むようなイメージで行います。

脇の下にあるリンパの流れを良くすると更に効果的です。

また大胸筋を鍛えるには胸の前で合掌し力いっぱい両手を押すだけです。

腕立て伏せでも大胸筋を鍛えることは出来ますが、女性だと腕立て伏せを何回も出来る人は多くないと思われます。

その場合はひざをついた状態で腕立て伏せをしても鍛えることが出来ます。

大胸筋を鍛えることで特に歳を重ねても垂れにくくする効果もあります。

 

 

次に内的方法で大きくする方法は食事からバストアップに良い栄養を摂取することです。

 

女性ホルモンは女性らしい体つきになるためのホルモンでもあります。

特にエストロゲンは乳腺の発達を促す働きもあるので、エストロゲンに似た化学構造を持つ大豆イソフラボンがお勧めの食材でもあります。

soybeans大豆イソフラボンは納豆や豆腐など私たちの食生活に取り入れやすい食材に含まれているので、摂取するには便利です。

また産後は赤ちゃんに質の良い栄養を送る必要がありますが、大豆製品は良質なたんぱく質、鉄分、ミネラルなど産後に取り入れたい栄養素が多く含まれています。

おっぱいを大きくするだけでなく、良質な栄養素が含まれる大豆製品は、良い効果を出すかもしれません。

上記以外にも適度なウォーキングをしたりチーズを食べたりすることも良いようですが、おっぱいを大きくするのは長期戦で考え、赤ちゃんと楽しみながら長く続けられる方法を取り入れましょう。